本文へ移動

ノロウイルスについてご存知ですか??

ノロウイルスとは、海水や河川水などに分布し、感染した場合、急性胃腸炎を引き起こします。
このウイルスは人から人へ感染するので、感染性胃腸炎の原因になりますが、ウイルスに汚染した食品を食べて感染することから食中毒の原因ともなります。

症状

主な症状は吐き気、嘔吐、下痢、腹痛であり、発熱は軽度です。通常1~2日続きますが、高齢者の場合、長引きやすく、脱水などを引き起こし、重症化しやすい傾向にあります。
一般的に高齢者の場合、下痢が多くみられます。

どうやって感染するの??

ノロウイルスの感染力は強く、感染経路はほとんどが経口感染(ウイルスが口から入り感染すること)で、次のように感染すると考えられています。
 
  1. 調理に従事した人が感染しており、感染者の手指を介して汚染された食品を食べた場合。
  2. 人との接触や、糞便や吐物の処理の際に人の手を介して二次感染した場合。
  3. 汚染された貝類を生、あるいは十分に加熱せずに食べた場合。
※このウイルスは症状がなくなった後も通常1週間程度、長いときには1ヶ月程度、糞便の中にウイルスの排泄が続く事があるので、症状が改善した後も注意が必要です。

流行時期

11月くらいから発生件数が増加し、12~1月がピークとなる傾向にあり、翌年の春まで発生があるため、冬~春にかけ注意が必要です。

どのような場所で流行しやすいの??

 統計の結果、介護老人施設での発生が1番多く報告されています。特に当園では抵抗力の弱い高齢者の方が多く入所されている、排泄の介助に職員があたる機会も多いことからノロウイルスが流行しやすい環境と言えます。施設としては、職員の手洗い、汚物の適切な処理、職員1人1人の健康管理、入居者様の状態観察・異常の早期発見・早期対応を徹底して行い、感染を防止していきます。
社会福祉法人めぐみ会   問い合わせ
社会福祉法人めぐみ会
 
北見老人ホーム
TEL:0157-24-2483
 
北寿園
TEL:0157-61-3135
TOPへ戻る